朝食は食べた方がいいの?メリット/デメリットと「食べる派」「食べない派」の意見をまとめました

私は朝食をしっかり食べる派なんですが、食べないという意見もあります。
ここで誰もが一度は思うことがあります。

「朝食って、食べた方がいいの?」

この疑問、結論から言うと”人それぞれ”です。

朝食は、絶対に食べなくてはいけないものではありません。
というのもどちらにもメリットデメリットがあり、人の体質もそれぞれだからです。

極端に「こっちが正義!」と信じていても、時と共に体質って変わりますしね。
そのため朝食ありなし両方の意見を知り、試すことで、自分にあった朝スタイルを見つけていくことが大事です。

\それでは行ってみましょう/

わたし

食べる派食べない派の意見をまとめました!

目次

▼食べる派の意見

\なぜ食べるのか?それは…/

わたし

昼までの栄養供給のためです!

  • 体に朝を知らせて一日のリズムを作る
  • 脳が働くためのエネルギーの供給
  • 血糖値を上げて体温を上げるため

この3点が朝食を摂るメリットです。

朝食を食べると、眠っていた身体と脳が目を覚まします。
そして朝〜昼の間動くためのエネルギー源にもなるので一石二鳥です!

また、長時間空腹の状態が続くと身体が飢餓状態になり、次に食事をした時に脂肪を溜め込みやすくなるのだそう。
お相撲さんも食事は1日2回ですもんね。
「吸収しやすくならないよう、こまめに食事しましょう」ってことですね。

食べるメリット!というより、食べないデメリットを回避!という意味合いが強いと感じました。
ちなみに私は「朝に楽しみを作ることで、テンションが上げる」ために朝食を食べています。

なお、デメリットは「カロリー過多になりやすい」ことです。

▼食べない派の意見

\なぜ食ないのか?それは…/

わたし

内蔵が休む時間を作るためです!

  • 内臓を休ませることができる
  • 摂取カロリーを減らせる
  • 朝の時間短縮になる

この3点が朝食を摂らないメリットです。

人間の体が完全に消化、吸収、排泄し終えるまで18時間かかります。
私たちは朝昼晩と食事をとっているため、胃が18時間休まることが無い…24時間働きっぱなしの状態です。
胃が休めないと、慢性的な疲れや怠さに繋がります。

朝食を抜けば、夕飯〜翌日の昼食まで18時間胃を休めることが出来るため、身体にとても良いのだそうです。

「食べないって身体に悪いんじゃないの?」と思ったのですが、そもそも寝ている間は誰しもが断食状態
その延長線上だと思えば、食べない理由にも納得するものがあります。

なお、デメリットは「昼食を摂るときに血糖値が急激に上がるため、太りやすい」ことです。

▼結局どうしたらいいの?

食べる派「朝のエネルギーが欲しい!」

食べない派「内臓を休めたい!」

どちらもメリット・デメリットがありますね。

私は二つの意見の良いとこどりをして、
「朝のエネルギーに、胃に負担が掛からないものを食べる」のがベストかなと思います。

わたし

すりおろしたりんごと人参はどう?
酵素も摂れるのでおすすめ!

フルーツはそのままエネルギーになるため、消化の負担がほとんど無いそうです。
そのため朝食にぴったり!
内臓も休まって、エネルギーにもなる!
朝にフルーツを食べておけば間違いない、ということですね!

でも子供のうちは、成長する栄養を摂るために、ちゃんと3食がっつりと食べた方がいいと思います。
基本子供って横に伸びてから縦に伸びるし。

▼おまけ

わたし

みんなどうしてるの?

という疑問がむくむく沸き、
一時期「朝食に何を食べているか」と周りの人に聞きまくった時期がありました。

「いつも朝食なに食べてる?」

30人くらいに聞いた結果…

  • しっかり食べるよ派
  • 急いで簡単なものを食べるよ派
  • 食べたくないけど食べるよ派
  • 食べないよ派

が居ました。

わたし

えっ、食べないの!?

しかも意外と居るんです、食べない派。

何故食べないの!?と聞いたところ
「朝食べると気持ち悪くなるから」
「朝は消化の時間だから胃を休めてる」

との回答を頂きました。な、なるほど…

私は食事を「一日三回あるお楽しみイベント」だと思っていたので、朝食を食べないという意見が衝撃的でした。
昔から、朝食を食べないと頭が働かないからちゃんと食べてね。という世間一般の常識みたいなものもありましたし。

でも常識って変わりゆくものだから、常に更新していく必要があるんですよね。
研究結果や科学的根拠もどんどんアップデートされていきますし!決めつけるのは良く無いです。

今度は朝食抜きや、果物だけの朝食スタイルを取り入れてみようかな〜と思いました!

それで身体や気分の調子が良くなったら、万々歳ですしね!

おわり。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる