「〇〇の作り方・選び方」などのHowto記事はこちら

手帳の選び方。今年の仕事用手帳にB6サイズの「週間ブロックタイプ」を選んだ理由

手帳売り場は楽しい。

毎年3月と11月。
手帳を買い換える時期に売り場に行くと、たくさんの手帳・手帳用雑貨が並んでいます。
見るの楽しいですよね!何を選ぶか決めていますか?

手帳を選ぶポイントは
「①サイズ」×「②中身」×「③カバー」です。

1年のテンションを左右する手帳。
手帳の選び方についてまとめたので、ご紹介します。

わたし

それではGO!!

もくじ

手帳を選ぶ3つのポイント

手帳を選ぶポイントは「①サイズ」×「②中身」×「③カバー」です。

  1. 自分の用途に合ったサイズ
  2. 手帳の中身のフォーマット
  3. カバーの色・素材・触り心地

この3つの組み合わせで希望の手帳となります。

加えて「1月始まり?4月始まり?」「去年は手帳をどう使っていた?」「そもそもデジタル?アナログ?」といった使い方を考慮して、手帳を選びましょう。

わたし

それではポイントを解説していきます!

1. サイズを決めよう!

わたし

一番重要なのはサイズです!

手帳のサイズは主に 4種類。

  • B5(ノートサイズ)
  • A5(教科書サイズ)
  • B6(単行本サイズ)
  • A6(文庫本サイズ)

持ち運びやすさで選ぶなら小さい手帳を、たくさん書き込みたいなら大きい手帳を選ぶと良いでしょう。

大きすぎず小さすぎない「A5」「B6」あたりが人気のようです。困ったらこのどちらかを選ぶと失敗が少ないでしょう。

2. 中身のフォーマットを決めよう!

わたし

サイズが決まれば次は中身です!

「月間」「1日1ページ」「週間」

タイプは主に「月間」「1日1ページ」「週間」の3つです。

  • 月間カレンダーのみのタイプは、薄くて軽い。
  • 1日1ページタイプは、たくさん書き込める。
  • 見開きで1週間タイプは、種類がある(後で記載)ので自分に合ったフォーマットを選びやすい。

とそれぞれメリットがあります。

この中身のフォーマットと、手帳のサイズを掛け合わせて手帳を選ぶことになります。
用途に合わせて選びましょう。

例えばB5(ノートサイズ)で1日1ページタイプを選ぶと、重すぎて持ち歩くどころではありません。
日記のように常に机に置いておくのか、常に持ち歩くのかも考えておきましょう。

見開きで1週間タイプ

見開きで1週間タイプの種類は様々。

  • 週間レフト(見開きで左に週間、右にメモがある)
  • 週間ブロック(見開きで7日分ブロックがある)
  • 週間バーチカル(縦長で時間帯管理)
  • 週間ノート(見開きのメモで1週間管理)
  • ガントチャート(複数のタスクを管理)
わたし

「時間帯で行動したいのか」「タスクで行動したいのか」を考えると、選びやすいですよ!

3. 手帳カバーを決めよう!

わたし

手帳の外側って素材も色も豊富なので迷ちゃう!

手帳は触り心地が大事

手帳のサイズ、中身のフォーマットが決まったら、最後にして最大の難関「手帳カバー選び」がやってきます。

毎日触るものなので、ちょっとでもストレスを感じたら選ばない方が良いです。

  • 開きやすいか?
  • 触り心地は良いか?
  • 汚れやすくはないか?
  • 何色を使うか?

これらを実際に触って確認してみるのが大事です。
「手帳は触り心地が大事」と覚えておいてください。

手帳用雑貨で使いやすくなる

手帳カバーには、ペン挿しやバンドなどオプションがついているものがあります。
便利ですが、好きな色や素材の手帳カバーにそれがついているとも限りません。

手帳をもっと便利にする手帳用雑貨も売っているので、それを使って手帳カバーをカスタマイズするのもアリですよ!

【おまけ】 1月始まり?4月始まり?

ポイントではないですが、手帳の開始月についても覚えておきましょう。

主に「1月始まり」「4月始まり」の2タイプがあります。
(最近は10月始まり手帳も出ていますが、あんまり使いそうにないので除きます)

ざっくり言うと、私生活は1月始まり、仕事用は4月始まりが向いています。

1月始まりのメリット

新年と共に使い始めることで、気持ちを新たに切り替えることができます。

  • 新年新たに目標を立てている方
  • 私生活で日記をつけている方
  • フリーランスの方

手帳の種類も1月始まりの方が豊富です。
そのため「自分に合った手帳を見つけやすい」というメリットがあります。

4月始まりのメリット

新年度と共に使い始めるので、4月からスタートする仕事や学生に向いています。

  • 年度区切り(学生・学生のお子さんがいる)の生活を送っている方
  • 年度区切りの職場で働いている方

といった方にメリットがあります。

人それぞれなので、自分のライフスタイル・テンションに合った始まり月を選びましょう。

わたし

私は年度で切り替わる仕事をしているので、新年度から始まる「4月始まり」の方を選びました!

例:手帳の選び方(私の場合)

わたし

さて、ポイントも整理したところで実践編!

わたし

今年の仕事用手帳は、「B6サイズ」「週間ブロックタイプ」ビニールカバー」にしました!

\ハイタイドのB6手帳/

わたし

さて、どうしてこの手帳にしたのか。
選ぶポイントと共に振り返っていきますね。

★STEP1. 要望をまとめる

手帳を選ぶポイントは主に「サイズ」「中身」「カバー」です。

私の場合、使う場所は職場です。
スケジュール管理はGoogleカレンダー(デジタル)で、日々のタスク管理に手帳を使用しています。

まずは用途を書き出してみる

  • 使う場所は職場で、持ち歩く
  • 年度切り替えの仕事なので、4月始まりの手帳が良い
  • スケジュール管理はGoogleカレンダーを使っているので、時系列のメモは不要
  • 毎日のタスク管理とメモに、紙の手帳を使いたい

加えて昨年は「B6サイズ」「1日1ページ」の手帳を使用した結果、「大きさはちょうど良かったけれど、こんなにページは要らないな。重いし」と感じたので、それを踏まえて手帳を選びました。
(あと落書きしてしまったので反省も込めて)

要望をまとめると、こうなる

  1. 持ち歩くので、サイズはB6かA5希望
  2. 4月始まりの手帳
  3. 週間タイプ希望で、書くことは「毎日のタスク」

これらを踏まえると、中身のフォーマットはタスクを一番書きやすい「週間ブロックタイプ」が良さそう…!

★STEP2. 手帳を決める

わたし

よし、今年の仕事用手帳はB6サイズの週間ブロックタイプにしよう!

という訳で、手帳売り場で中身のデザインをチェックしていき…

選んだのは手帳や文具・雑貨を扱うメーカー「株式会社ハイタイド(HIGHTIDE)」の手帳です。

タスクが書けるよう箇条書きスペースがあるのと、土日が黄色で分かりやすかったので選びました。
(三角のマグネットは後の項目で記載しますが、手帳雑貨です)

★STEP3. 手帳の「カバー」を決める

わたし

しっくりくる手帳を探そう!

カバーの素材を決める!

ハイタイドのB6サイズ、週間ブロックタイプの手帳のカバーは4種類。

  • 皮っぽいカバー
  • つるっとしたビニールカバー
  • さらっとしたビニールカバー
  • ポケットついているビニールカバー

カバーは昨年「よく汚してしまう」と感じたので皮よりビニール素材を。
手帳売り場で触りに触って、触り心地で「さらっとしたビニールカバー」製を選びました。

色を決める!

色は「ベージュ」「レッド(ピンク)」「ミント」「ネイビー」の4種展開。

馴染むかどうか。
テンションが上がるかどうか。
昨年とは違う色を選ぶか…と自分なりの理由で選ぶと良いです。

私は「職場で落としても戻ってくる色」を選びました。

わたし

戻ってくる色…とは!?

こちら、職場で「あなたをイメージして作った」と頂いたポーチです。黄色とミントですね。私職場でこういうイメージカラーなんですね。

という訳で、会議室とかで落としても「○○さんのじゃない?」と戻ってくる色が良いかな…と思いミントを選びました。

あとは、職場の人と被らない色っぽいな〜という理由もあります。

わたし

…とこんな感じで選んだのがこちらです

わたし

いいね!可愛いね!

いや本当に可愛い!少しマットなビニール地に、下半分のミントが映える。
しかもこのミントは紙なので、飽きたらお好みの色紙と差し替えることも可能!いいね!

しおり用にマグネットマーカーも買ったら、これも偶然同じメーカーでした。ハイタイドすごいな!

手帳の便利雑貨

最後に手帳用雑貨のおすすめを。

手帳を選んでいる中で、月が分かりやすいように段々カットされているものもありました。

こういうの。でもこれが苦手で。ついでにしおり紐も苦手で。

わたし

要は目的のページを開きやすくすれば良いんでしょ?

という訳で、手帳売り場でページを留めるマグネットがあったので、それを買いました!
可愛くて便利〜!(白黒とか動物柄とか色々あったけどカラフルなのにした)

他にも、ペンをさせるクリップや、ゴムバンドなんかも売ってました。
手帳をもっと便利にする手帳雑貨を買って、自分だけのカスタマイズ手帳にしてはどうでしょう。

まとめ

これを読んでいるあなたも、是非お気に入りの手帳を見つけてください!

  • 希望の「サイズ」×「フォーマット」×「カバー」で選ぶ
  • カバーは毎日使うので触り心地が大事
  • 希望が全部叶う手帳が無かったら、手帳雑貨でカスタマイズ

というのが今回のまとめです。

触り心地大事なので、できれば本物を見て買って欲しいところ。

何より手帳売り場は楽しいですよ!

わたし

最後に、手帳売り場のエピソードを。

ある年。
手帳売り場で棚を見ていると、後ろからカップルの話し声が聞こえてきました。

彼女「手帳迷ってるのよね」
彼氏「えー、なんでもよくない?」

彼女「いや大げさに聞こえるかもしれないけど、マジでわたしの1年かかってるから!」

わたし

わかる。

手帳で1年のテンションが左右されるのわかる。
そんな1年の意気込みを見れるのも、手帳売り場の醍醐味です。

別の年。
今年の手帳を選んでいるとき、後ろから女性の歓声が聞こえてきました。

「今年も同じのあった!!良かった〜!!!」

…そうか!
使っている手帳が翌年も発売されるとは限らないのか!

お気に入りの手帳がある人は、そのメーカーにファンレターや口コミを書くと良いかもしれません。
お気に入りの手帳を見つけるのも大事、そしてそれが翌年も店頭に並ぶように計らうのも大事です。

私も今の手帳を1年使ってみて、良かったら今後記事でベタ褒めしようと思います。

わたし

以上!ヒカリビタミンでした!

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる