Apple Watchはいいぞ!おすすめ機能ベスト5と使い方レビュー

Apple Watchは私の生活を豊かにしました。

愛用して2年弱。
通知!身体記録!キャッシュレス決済!今では無くては生活できないレベルです。

Apple Watchは機能が沢山あるので、使えば使うほど便利になりますよね!

いつも使ってる機能は5個くらいですけど。

少ないのか…?シンプルなのか…?

まあ、日常で使うのってそのくらいですよね。

機能5個でApple Watchに大大大満足しているのなら、この5個ってとってもすごい機能だと思うんですよ。

1つでも惹かれる機能があれば「買い」レベルに違いない!

という訳で、そんな5つの機能を【使用頻度順】にご紹介します!1位が1番使用頻度高いですよ!

わたし

ついでに使い方もご紹介!
それでは本編へどうぞ!

目次

前提:動作環境

機能を語る前に、動作環境について説明します。
私はApple Watch+iPhoneを使っています。

Apple Watchのシリーズは、現在Apple Storeで購入できるものならどれでもOK

Apple Storeで購入できるApple Watchは、3タイプ(2021年8月現在)
Apple Watch 6、Apple Watch SE、Apple Watch 3です。

私が使っているのはこちら

一番安いApple Watch 3!/

税込みで2万くらい。今シリーズ6まで出ているので3って古いシリーズなんですが、全然使えます。
GPSのみ、サイズは小さい38mm、これが一番安い組み合わせとなります。

わたし

購入検討中の方!最新のシリーズは5万近くするしな〜とお悩みなら、シリーズ3を検討してみてもいいかもですよ

今からおすすめする機能はこの古いシリーズでも対応しているのでご安心を!
という前提で機能を紹介させていただきます。

さて、動作環境の説明は以上です。
おすすめ機能にまいりましょう!

\最初は、毎日行う”睡眠”です!/

【1位】睡眠記録

【使用頻度】★★★★★
【Apple Watchならでは度】★★★☆☆

兎にも角にも睡眠記録です。
正直、睡眠記録と歩数カウントだけでも身に付けている価値80%くらいはあるんじゃないでしょうか。

睡眠時間と睡眠の質をデータ化してくれる!

睡眠記録について軽く説明。
Apple Watchなど一部のスマートウォッチは、寝ている間の動きや心拍数を計測して、睡眠時間をデータ化することができます。

眠りに入るまでの時間、眠りの浅さ、深さなど、複数のデータから「睡眠の質」がわかるのです。

このデータを活用して、「自分に合った睡眠時間」を分析したり、朝の眠りが浅い時間にアラームをかけて起きやすくしたりすることができます。

他のスマートウォッチとの違いは?」という点ですが、ずばり下記の2点です。

  • Appleは良質な睡眠に力を入れているよ!
  • Apple Watch は記録アプリが豊富だよ!

というのが他にはないポイントです。

Appleは良質な睡眠に力を入れているよ!

とあるインタビューで、アップルのテクノロジー担当の方が「睡眠に力を入れている」と言っていました。

もう何年も睡眠記録については取り組んできました。健康の最も重要な要素のひとつと考えたからです。

ASCII.jp:Apple Watch新機能「睡眠」こだわりをアップルのテクノロジーVPに聞いた

長い時間をかけて「睡眠」を開発してきたので、機械もOSも睡眠に適した機能が備わっています。

眠っている間は、Apple Watchに内蔵する加速度センサーで、ユーザーの動作を計測する。アップルが独自に開発した機械学習モデルにより、寝息の強弱など細かな動作まで正確な判別ができるという。

ASCII.jp:Apple Watch新機能「睡眠」こだわりをアップルのテクノロジーVPに聞いた

日中の動きは歩数や心拍数でカウントされ、寝ている間は独自のセンサーで睡眠の質を計測する。
もうこれだけで健康管理はばっちり。十分元が取れる気がします。

わたし

そして、Appleならではなのが「アプリの豊富さ」です!

Apple Watch は記録アプリが豊富だよ!

計測した睡眠データは元から入っている「ヘルスケア」アプリで見ることができます!
それだけではなく、他にも睡眠データを活用したアプリが出ています。

つまりお好みの睡眠アプリを選べるということです!

使ったことのあるアプリはこの2つ。

アプリごとに違いはあるので、一気にダウンロードして試してみるのがおすすめです。
何時に眠りについたかの精度、深い眠りの総時間、表示形式などが違います。いろんなアプリを使ってみて、「好きな見え方のデータ」を選ぶといいでしょう。

個人的に、アプリは「AutoSleep」が合っていました。
睡眠時間が一番正確だったのと、眠る時間が円状になっていてわかりやすいのと、昼寝時間もカウントしてくれるからです。

★ヘルスケア以外のアプリでの睡眠データ連携方法
睡眠アプリをインストールした場合は、睡眠データの連携が必須です。

iPhoneの「設定」>「(使用アプリ名)」>「モーションとフィットネス」をオンにする

わたし

以上が「睡眠記録」!
睡眠の質がわかると分析してより良い睡眠ができるので、生活が豊かになりました!

\お次は身軽になれる便利機能!/

【2位】キャッシュレス決済

【使用頻度】★★★★★
【Apple Watchならでは度】★★☆☆

Suica、PayPay、クレジットカード。
これらをApple Watchに登録しておくと、財布が無くても暮らすことが出来ます。

めちゃくちゃ便利です。
正直Apple Watchを買うまでは、こんなに使うと思っていませんでした。

  • 両手が塞がっていて財布を取り出しにくい時
  • お財布を持ちたくない時
  • 交通機関で交通ICカード(Suica)を出すのが面倒な時

こんなときに重宝しています。

Suica

私は交通ICカードの「Suica」を登録しています。
改札にピッと当てるだけで使えるし、コンビニでも使えるしで、使用可能範囲が広いので便利です。

★Suicaの連携方法

【1】カードの登録

iPhone上の「Wallet」アプリで「+」をタップ
>「続ける」>カードの種類を選ぶ>必要項目を入力

【2】Apple Watchにカードを転送
iPhone上の「Watch」アプリを開く
>「WalletとApple Pay」>「Suica」の右横の「追加」をタップ

【3】Apple Watch上での確認方法
Apple Watch上でサイドボタンをダブルクリック
>Suicaが表示されれば登録完了です!

※ただしSuicaはここが困る。
これはSuicaの問題で、Apple Watchが悪いわけではないのですが、Suicaはたまにアプリアップデートが入るのでその時間は使用できません。ちょうどそのタイミングで乗車中だったりすると、改札から出られません。
私は何度か出られないことがありました。あれは勘弁してほしい…Suicaの今後に期待です。

PayPay

PayPayはアプリがあるので、それのApple Watch版を使うことが出来ます。

★Apple Watchで「PayPay」を使う方法
iPhone上で「PayPay」アプリにログイン
>「Watch」アプリで「PayPay」を追加
Apple Watch上で「PayPay」アイコンをタップ
>バーコードが出るので、iPhone版と同じように会計可能!

使える店が多いので便利ですよね。PayPay。
SuicaとPayPayがあれば、本当に財布無くても生活できると思います。荷物軽いのいいなー!

わたし

以上が「キャッシュレス決済」!
一度使ってみるか〜と触れてみたら、使い勝手の良さに今では無くてはならない存在です。

\お次はお知らせが捗るあの機能!/

【3位】アラーム/タイマー

【使用頻度】★★★★☆
【Apple Watchならでは度】★★★★☆

購入前、一番欲しかった機能。
時間をバイブレーションでお知らせしてくれる機能です。
「アラーム」「タイマー」がこれに当てはまります。

音鳴らないでお知らせしてくれるって、本当にありがたい!!!

バイブレーションの設定方法(Apple Watch上で)
「設定」>「サウンドと触覚」>「消音モード」をオンにする

上記の設定で、消音モードにすることができます。

アラーム

わたし

この時間に鳴らしてね!という機能です。

設定した時間に振動でお知らせ。

  • 旅行先で眠る時、隣の人を起こさないように目覚ましをかける
  • 会社の休憩時間に眠る時、社内に音が響かないように目覚ましをかける

という使い方をしています。

タイマー

わたし

何分後に鳴らしてね!という機能です。

  • 電車で寝過ごすかもしれない時、10分後にタイマーを設定
  • 作業20分がんばろうかな〜という時、20分後にタイマーを設定

という使い方をしています。

更に便利なのが追加アプリ!
本体のアラーム機能はタイマーを繰り返すことはできないのですが、Apple Watchは【アプリ】を追加できます。

私は「Seconds」という、タイマーをローテーションできるアプリ(有料)を入れています。

  • ジョグ・ウォーク(2分走る→1分歩く…を繰り返す運動法)
  • 作業サイクル(25分の作業→5分の休憩…という作業サイクル)

という使い方をしています。

「ジョグ・ウォーク」
2分(軽めに)走る+1分歩くというサイクル。ジョギングより辛くない運動法です。

「ポモードロ・テクニック」
25分作業+5分休憩というサイクル。集中力がキープできるタイムマネジメント法です。

通知

わたし

一応こちらも説明!
予定時刻だよ!アプリの通知だよ!電話だよ!など

Apple Watch は着信・メッセージ・SNSの通知にも対応しています。
もちろんバイブレーションでお知らせも可能。でも私は通知切っています。仕事中は不用なので。

ただし「頭痛ーる」という頭痛警報と、「天気予報」の警報通知のみオンにしています。

「通知」は、仕事でiPhoneを使う人ならもっと便利に使いこなせると思います!

わたし

以上が「アラーム/タイマー」!
さくっと使えるので重宝しています!

\お次は撮影好きなら見逃せないアレ!/

【4位】カメラの遠隔操作

【使用頻度】★★★☆☆
【Apple Watchならでは度】★★★★★

Apple Watch を通じて、カメラのシャッターを切るなどの遠隔操作ができます。

「いや、カメラのシャッター切るなんて他でもできるやん」
「三脚に遠隔撮影ボタンが付いているのもあるし…」と思う方も居るでしょう。

Apple Watchの遠隔操作は超有能なんです。
画面を見ながら撮影ボタンを押せるのがポイントです!

画面を見ながら撮影ボタンを押せる!

わたし

めっちゃめちゃ便利。
見え方チェックしながら撮影できるのって超便利です。

  • カメラに映った映像を確認しつつ、撮影ボタンを押せる
  • タイマー付きなのでポーズを取る時間もある
  • ビデオの場合、録画中の画面も確認できる

というのがApple Watch の利点です。

わたし

iPhoneとApple Watch、この互換性も大事ってことね!

他社との比較
※以前Amazonで買った中華製スマートウォッチは、シャッター機能はあったけどボタンだけで画面は見れませんでした。
※ガーミンなど画面の大きいスマートウォッチは確認できていません。

★カメラの遠隔操作方法
Apple Watch上で「カメラのシャッター」アイコンをタップ
>自動的にiPhone側のカメラが起動します
>カメラに映った映像がApple Watchの画面で確認できます
>撮影ボタンは画面下にあります

それともう一つ、意外と大事なポイントがあります。
それが「合法であること」です。

Amazonなどでシャッターボタン付きの三脚が売っていますが、それは合法のものでしょうか?

メリットは「合法」であること

わたし

シャッターボタンに合法違法とかあるの!?

Bluetoothで遠隔操作するシャッターボタンが「海外製」だった場合、それを日本で利用するには許可が必要になります。

海外から輸入したBluetooth機器を日本で利用するには日本電波法認証(技術基準適合証明、または工事設計認証。以下、技適と略す)の取得が必要です。

Bluetooth機器を輸入販売したい人必見! 販売するための『2つの条件』| ムセンコネクト

以前これが気になりAmazonの商品ページを何件も見ました。
Bluetooth認証の取得・未取得について、商品ページに書いていないところがほとんどでした。

わたし

Bluetooth認証の未取得商品だったら嫌だな…という理由で、私は三脚を買ってもボタンは捨てています。

その「認証されているのか」という点がApple Watch は安心なのです。大事!

わたし

以上が「カメラの遠隔操作」!
私はiPhoneカメラの遠隔シャッターを探している人が居たら、Apple Watchをおすすめしますよ!

\お次はいざという時のお助け機能!/

【5位】iPhoneを探す

【使用頻度】★★☆☆☆
【Apple Watchならでは度】★★★★★

iPhoneが見当たらない。そんな時は「iPhoneを探す」機能を使えば一発です。

iPhoneから「ティティティティ…」と大きな音が出るので、それを頼りに探しましょう。

★「iPhoneを探す」の使い方
Apple Watch上で下からスワイプ
>「iPhoneを探す」アイコンをタップ
iPhoneから「ティティティティ…」と大きな音が出る

わたし

以上が「iPhoneを探す」機能!
大抵、カバンの中かキッチンにある。

おすすめ機能ベスト5は以上です…が!

ついでに!一度だけ「最高!」と思った機能を!番外編として紹介させてください!

この通知だけはオンにしておけ!

心拍数!!!

【番外編】心拍数

このApple Watch、心拍数を計測することができます。心拍数が上がりすぎたときには通知が来ます。

これで助かったのが昨年の真夏。
私が熱中症になりかけた時です。

昨年炎天下で散歩していたら、Apple Watchから急に警告がきたんですよ。
心拍数爆あがりしているらしく、真っ赤なアイコンとともに「高い心拍数」と表示されている。

直後、めまいと動機が激しくなり、慌てて近くの喫茶店に駆け込み、事なきを得ました。

この時、気づいていなかったけど熱中症になりかけていたのです。

カフェに入ってからも尋常じゃなく汗が出るし、お腹痛いし、めまいすごいし、死ぬかと思いました。

わたし

熱中症こわい……

そして、Apple Watchの心拍数って精度いいんだなと思いました。
心拍数、けっこう使えます。
通知が来るように設定するのおすすめです。

★心拍数を計測可能にする
iPhone上で「ヘルスケア」アプリの「心拍数」をタップ
>表示に従って進むと計測可能になります

★Apple Watchと連携する
Apple Watch上で「通知」>「心臓」>「不規則な心拍リズム」をオンにする

わたし

以上、番外編の「心拍数」でした。
一番スマートウォッチならではの機能かもしれませんね。

最後に、当たり前すぎて紹介していなかった機能もサクッとご紹介します。

\当たり前だけど大事!時間表示!/

【殿堂入り】時計

時計画面が見やすい!!!!
カスタマイズもできる!!!

わたし

時計画面(文字盤)好きです!!!

わたし

Apple Watchは「腕時計」なので、これが一番重要。
パッと見てサッと分かります。

まず点灯機能。

使用していないときは画面が消え、腕を上げると画面がつく点灯機能はスマートウォッチ必須の機能ですが、Apple Watchはその反応がとても良いです。

Amazonで買った2〜4,000円くらいのスマートウォッチと比較すると、反応の速さ、正確さが段違い。
ストレスなく画面がつきます。

そして文字盤のカスタマイズ。

アナログ風にすることも、次の予定を表示することも、様々なカスタマイズを楽しめます。

\私は数字だけを大きく表示する派

わたし

以上が時計機能です!
気分によって変えられるのもGood!

\まとめだよ!/

まとめ

Apple Watchのおすすめ機能5選まとめです!

  • 【1位】睡眠記録
  • 【2位】キャッシュレス決済
  • 【3位】アラーム/タイマー
  • 【4位】カメラの遠隔操作
  • 【5位】iPhoneを探す

私はこれらの機能、どれも「単品でもお金出して買いたい機能」でした。

アラーム機能とか、Apple Watch を買う前は「バイブレーション アラーム 腕時計型」で検索したりしてましたもん。

加えて時計の文字盤がカスタマイズできること、心拍数はけっこう頼りになることも是非覚えて帰ってください。

おすすめApple Watchのご紹介

機能のご紹介記事ですが、一応機種のご紹介も。

購入時、通信タイプを「GPSモデル」「GPS+Cellularモデル(ネット使える)」どちらにしようか迷うと思いますが、私はGPSだけで満足しているのでGPSをおすすめします!

サイズは小さめor大きめ、シリーズは古いか新しいか、これはそれぞれ生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

わたし

私はシリーズ3を買いました!安いし!

\サイズは小さい方が軽くて好きです!/

わたし

最新機種だと、軽くて充電が早くて血中酸素濃度が測れるようです!

\その他のアップデート機能はこちら/

★Apple Watchを安く買う方法
・「Amazon」でポイントが高い日に買う
・「Appleの公式サイト」で整備品を狙う
・「価格.com」で送料込みで安いところを探す

さいごに

今回ご紹介した機能は、シンプルな私の使い方から選んだものです。

他にも便利な機能はたくさんあるので、いろいろ加えてカスタマイズしてみてくださいね!
Appleは市場が大きいので、「こういう機能ないかな〜」と探すとアプリが出ていることが多いです。

わたし

市場が大きいって良いね!

時計バンド(腕に巻くやつ)も付け替え可能で、おしゃれなものから機能性重視のものまで色々売っています。
市場が大きいのはこの面でもメリットがありますね。

毎日身に付ける腕時計。
カスタマイズするのって楽しいし、自分に合った機能を身に付けるとテンションが上がりますよ!

この記事を読んだ人の人生が、Apple Watchでちょっと豊かになりますように!

わたし

以上、Apple Watch のおすすめ機能の話でした!

わたし

おわり。

\Apple Watchのバンドに迷ったらこちら!/  

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる