わたし
ネームが終わらない…休日もずっと家だ…リアルで話したい…

友人
うちきたときに作業してもいいよー

ーーというわけで友人宅で作業をしました。

本日のメンバー

一人目


ネームと絵が描きたい。カレーは辛口温玉派。
二人目

友人(子持ち)
文鳥と子供をこよなく愛する友人。辛くて美味しいカレーの組み合わせを探求している。

ざっくりとした感想漫画

"友人宅で作業"の流れ

友人宅で作業するメリット

【1】Wi-Fiがある

友人
頻繁に来るんだしパスワード教えとくね

わたし
最高じゃん…

【2】人目を気にしなくて良い

盛り上がってしまうと、声が大きくなったり笑いすぎたりしてしまいませんか?誰かの自宅ならそんな心配はご無用。むしろ声量気にせず好きに話せるのなんて、カラオケボックスか自宅かの二択でしょう。存分に笑い転げましょう。
あとまあ、何描いても大丈夫だしね。

【3】お互い気を使わなくて良い

これは今回相手が乳幼児さんを連れているから特に思うことなんですが、「相手が好きに外出できる環境か」ということを気にせずに遊べるのもメリットです。
あときちんと片付いてて人を呼べる家って凄いので、そのぶんこちらも手土産や交通費でバランスが取れるといいなと思います。そして思う存分ゴロゴロしましょう。

友人宅で作業するデメリット

【1】しゃべりすぎる

人目を気にせず思う存分喋れるので、喋りすぎて作業の手が止まってしまうこともあります。
なので、切羽詰まっている作業は持ち込まないほうが無難です。

【2】交通費はかかる

お互い集まりやすい場所に集合…という訳ではないので、そこはやはり交通費が多めにかかると見て良いでしょう。ご近所さんなら別ですが。

【3】とくにない

3つ目が思いつかなかった。

まとめ

人を呼べる家って凄いなと思いました。


以上、友人宅で作業すると意外と捗った話でした。

おすすめの記事