ご祝儀袋、お見舞い、香奠・香典などで数字を縦書きにする場合は、基本的に漢数字を使います。

例えばご祝儀袋に「三万円」を包む場合、
旧字体で「金参萬円」と書きます。

そう、私的なものでないなら、旧字体を使うのです。「一」を「壱」と書くあの字体です。

なぜ旧字体で書くんでしょう。
なぜ金額の前に「金」と書くのでしょう。
大きい金額の場合はどうするかなどの疑問と一緒にまとめました。

スポンサーリンク

1.ご祝儀袋の書き方

共通の書き方

・お祝い事には基本、新札を用意して包む
・「中包み」の表には金額(写真右下)を記入、裏面に郵便番号・住所・氏名を書く
・お札は肖像がある面を前にして入れる
・祝儀袋の裏側は「上向き」に重ねる
・祝儀袋の表には名前を書いた「のし」を付ける

3万円程度包む場合

5万円以上包む場合

・5万円以上包む場合は、格の高いご祝儀袋を使う

2.なぜ金額の前に「金」と書くの?

金額を書き足せないようにするためです。
ご祝儀袋や香典は一旦人の手に渡ります。
例えばどこかで誰かが、「三万円」と書いてある頭に十を足して「十三万円」と書いたとしましょう。
でも中身は三万円、受け取った人は混乱してしまいます。
また、逆に「十三万円」に少し書き足して「金三万円」にする人が居たとしましょう。中身を抜き取られても分かりません。
極端な例ですが、こんな風に人の手が入らないようにするために、金額の頭に「金」と書くのです。

小切手の金額の最初と最後にも、書き足せないように記号が付きますね。
¥30,000- それも同じ理由です。

3.なぜ旧字体?

意図は先ほどと同じです。
金額を書き足せないようにしているのです。
数本線を足しただけで…
「一万円」→「三万円」「五万円」「十万円」
「二万円」→「三万円」「四万円」「五万円」
「三万円」→「五万円」
「十万円」→「五万円」
こんな風に金額が変わってしまいます。

その点、旧字体で書けば安心です。
「壱万円」
「弐万円」
「参万円」
「拾万円」

と言うわけで、礼儀がどうこう慣習がどうこうというよりトラブル防止の意味合いが強いのです。

4.「万」と「萬」どっちで書けばいいの?

貰う人は「万」でも「萬」でも気にしません。

まとめ

あんまり堅苦しく考えなくて大丈夫ですよー

参考リンク

「祝儀袋の選び方・書き方」ゼクシィ
「アラビア数字を ⇒ 漢数字[大字混じり]に変換」ちょっと便利帳

スポンサーリンク
おすすめの記事